• トップページ
  • 【シャポン×bean to barアイス】パリジェンヌに人気の<シャポン>が作る『Bean to barアイス』、自由ヶ丘店で4月29日から発売中

【シャポン×bean to barアイス】パリジェンヌに人気の<シャポン>が作る『Bean to barアイス』、自由ヶ丘店で4月29日から発売中

パリに5店舗を構え、パリで唯一の“bean to barショコラティエ”として、パリジェンヌたちに人気の<シャポン>。そんな<シャポン>が作る『ショコラバーアイス』をはじめ“全9種類”が、4月29日(土)から<シャポン自由ヶ丘店>で新発売となります。

元バッキンガム宮殿のアイスクリーム職人が作る『ショコラバーアイス』

シャポンは、元バッキンガム宮殿のアイスクリーム職人というキャリアもあり、その才能が存分に活かされた商品が、<シャポン自由が丘店>で4月29日(土)から夏季限定で発売される『ショコラバーアイス』です。

【Bean to barショコラティエが作る、ショコラバーアイスシリーズ】

・ショコラノワール…シャポン厳選のブラックチョコレートを使用した、濃厚な味わい
・ショコラレ…甘すぎない、優しい味わいのミルクチョコレート

【素材の組み合わせが魅力的なバーアイスシリーズ】

・キャラメルサレ…シャポンが子供の頃から好きだった、塩キャラメルの素朴な味わい
・アールグレイ…紅茶が大好きだった、バッキンガム宮殿のプリンセスをイメージ
・アールグレイローズ…バッキンガム宮殿のプリンセスが薔薇アイスが食べたいと言われ開発したアイス
・オレンジキウイ…オレンジアイスに、輪切りのキウイを贅沢に入れたフレッシュな味わい
・ヨーグルトマンゴー…ヨーグルトアイスに、ゴロッとしたマンゴー果肉、そして花びらをあしらったアイス
・フランボワーズパンプルムース…ピンクグレープフルーツアイスにフランボワーズ果肉、花びらを乗せたアイス
・コーヒーバナナ…ショコラとバナナ、コーヒーが同じ産地であることからのインスピレーション。コーヒーアイスに、バナナの輪切りを贅沢に入れたテロワール

花びらなどが入ったフルーツアイスは、スッキリとした甘さ

バーアイスは全て透明な袋に個包装されており、持ち帰りにも対応しています。ドライアイスも提供しているので、数本まとめて購入し、家族全員で食べるなどの楽しみ方もできますね。

<シャポン自由が丘店>

開放感のあるガラス張りの自由が丘店

店内では、ガトーショコラなども楽しめます

■店舗情報
店舗名/<シャポン自由が丘店>
住所/東京都目黒区自由が丘2-8-8 le ciel blue102
営業時間/10:00~20:00 年中無休
TEL/03-6421-2920
http://chocolat-chapon-jp.packarts.net/

パリで唯一のbean to barショコラティエ <シャポン>の人気の秘密とは?


元バッキンガム宮殿のプリンセス専属のアイスクリーム職人というキャリアを持ち、パリで唯一のbean to barショコラティエ<シャポン>。パリに5店舗を構え、パリで30年以上も活躍している老舗の“bean to barショコラトリー”です。

「パリで最も欠かすことのできないタブレット」の賞を受賞

2016年11月に開催された世界一のチョコレートの祭典『サロン・デュ・ショコラ・パリ』では、“Bean to barショコラティエ”として最高の賞を受賞しました。

100年以上前のロースターを使うのが、彼のこだわり

<シャポン自由ヶ丘店>店内

2017年1月には国内初の店舗が自由ヶ丘にオープン。地元の方のほか、日本全国のショコラファンに人気となっています。

パッケージも美しいbean to barタブレット

カカオ豆の栽培から全ての工程を自ら手掛け、パリでは唯一の“bean to barショコラティエ”として、パリジェンヌからの支持も熱い<シャポン>。自らパッケージやショコラのデザインも手がけ、その美しさはパリジェンヌたちを虜にしてやみません。

バッキンガム宮殿での経験や、パリで30年以上の実績を携えた上で作り上げるシャポンの“bean to bar”は、カカオ豆の産地ごとの違いを的確に表現しつつ、独自の味わいを実現しており、日本国内でもショコラ好きに人気が広がっています。

■お問い合わせ
<パックアーツ株式会社>担当:廣木
東京都渋谷区神宮前1-8-6 玉上ビル402
TEL/03-6804-2689

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

毎日の生活を彩る情報をお届けします

この記事をSNSでシェア

この記事を書いたライター

 

杜の都出身在住のフリーライター・フォトグラファー/「言葉は生き物。美しく、正しく、時に大胆に」をモットーに各Webメディアに寄稿/コーヒー好きで一日4~5杯ハンドドリップで淹れる/手芸家として英国のタティングレース国際団体に所属

新着グルメ

 

【特集】【新茶】この時期だけのお楽しみ、「新茶」の季節!いろんな楽しみ方、教えます

新茶が出回る季節となりました! 今年の新茶、あなたはもう飲みましたか? 今回は、おいしい「新茶」をさらに楽しめる情報をお届けします。“飲む”以外の楽しみ方も伝授します!

 

【キャンペーン】【咲いた*取り寄せ vol.3】干し柿のミルフィーユに工場直送のポテチ⁈今週のみんなのお取り寄せ

真夏のような日差しが出たかと思ったら、4月上旬並みの気温になったり、なかなか気候がおちつかない5月ですが、みなさま風邪などひいていませんか? 免疫力をあげたいなら、やっぱりストレス解消も必要ですね。そんな時はぜひ、みんなのおすすめ<お取り寄せ>を! 今週も素敵なお取り寄せをご紹介します。

 

【特集】【生ドライフルーツ】で、生なの?ドライなの?世間を当惑させている、あの『生ドライフルーツ』を食べてみた

近ごろよく名前を耳にして、気になっている食べ物がありませんか? ドライなのに“生”!? 生なの? ドライなの? どっち?――と、考えれば考えるほど知りたくなってくる、あれです。そう、<綾farm>の『生ドライフルーツ』! 考えたところで、わからない。眺めてみても……まだわからない。これはもう、実際に口にするしかない!――というわけで、今回は『生ドライフルーツ』を食べてみました。

 

【特集】【飾り巻き寿司】お弁当や特別な日に作りたい「飾り巻き寿司」を作ってみた

運動会のお弁当やおうちでの誕生日パーティなど特別なときは、いつもよりちょっと豪華なものを!と思いますよね。そんなときにおすすめしたいのが、「飾り巻き寿司」。今その魅力にハマる人が続出中です。一体どんな巻き寿司なのかをご紹介します。  pict by @megumiseki.hanawa

 

【熟成岩手産短角牛×肉バル】<肉バルサンダー>六本木店オープン

大型連休が終わり、憂うつモードから抜けきれないあなた! 週末はお肉を食べてスタミナをつけませんか? 岩手原産の「短角牛」や「白金豚」が食べられる<肉バルサンダー>が、六本木にオープンしました。

  • トップページ
  • 【シャポン×bean to barアイス】パリジェンヌに人気の<シャポン>が作る『Bean to barアイス』、自由ヶ丘店で4月29日から発売中

さぁ、お店をはじめよう

グルメに関心の高いユーザーが集まるプラットフォームで、
食品やキッチン用品の通信販売が行えます。