• トップページ
  • 【八芳園×福寿園】一夜限りのお茶とお料理のマリアージュを愉しむ『八芳園の八十八夜』開催

【八芳園×福寿園】一夜限りのお茶とお料理のマリアージュを愉しむ『八芳園の八十八夜』開催

<八芳園>は、今年の新茶が出る2017年5月2日(火)に、<京都福寿園>のお茶と、<八芳園>と<福寿園>のシェフが目の前で仕上げる、お茶を使った一夜限りのお料理とのマリアージュを愉しめる『八芳園の八十八夜』を開催します。

八十八夜とは?

立春からかぞえて八十八日目にあたる日のことで、春から夏に移る節目の日、夏への準備をする日、縁起のいい日とされてきました。八十八夜に摘み取られるお茶は、古来より不老長寿の縁起物の新茶として珍重されています。また、縁起を担ぐという意味合いと気候条件も含めてこの時期のお茶は極上です。

<福寿園>

創業220余年、日本茶の製造・販売を手がけてきた京都の老舗。緑茶飲料の『伊右衛門』は、<福寿園>の創業者、福井伊右衛門から名付けられていたりもします。茶(ティー)は、人と人を結ぶコミュニケーションであり、国と国をつなぐ架け橋であるとして、全国はもとより、海外にも販路を広げています。

『八芳園の八十八夜』

丸の内<ふれんち茶懐石 京都 福寿園茶寮 東京駅グランルーフ店>の秋本シェフと、<八芳園>の香山料理長、高槻調理長が共に作り上げる一夜限りのコース料理は、新茶やお茶の味をより高める特別なものが用意されています。

今年の新茶をいち早く味わうことができるのはもちろん、氷で一昼夜をかけてだす玉露やノンアルコールのお茶カクテルなど、本格的なお茶から新しい飲み方まで色々なお茶を味わうことができ、更に、お茶のおいしい淹れ方やお茶にまつわるお話も聞くことができます。

春から夏へ、季節の移り変わりをお茶とお料理と庭園の形式で感じる、そんな五感で愉しむ時間を過ごせる一夜限りのスペシャルイベントにぜひ参加してみては?

■『八芳園の八十八夜』開催概要

期間/5月2日(火)

時間/19:00~21:30

場所/<八芳園>

料金/10,000円(大人1名・税込)

内容/福寿園の新茶はじめお茶各種、コース料理、セミナー、新茶販売コーナー

予約・お問い合わせ/<バンケットセールス> TEL 03-3441-7888(10:00~19:00)

http://www.happo-en.com/event/hachijyuhachiya/

 

【キャンペーン】#saitatoriyoseでつぶやいて応募!<咲いた*取り寄せ>キャンペーン開催中!

http://media.irodori.vc/meat/8168

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

毎日の生活を彩る情報をお届けします

この記事をSNSでシェア

この記事を書いたライター

 

東京在住。呑むのも食べるのも大好き。特に赤提灯系のお店が大好物。最近は、渋いおつまみをひたすら探求すべくデパ地下、アンテナショップ巡りまくり。

この記事に関連するタグ

新着グルメ

 

【特集】【新茶】この時期だけのお楽しみ、「新茶」の季節!いろんな楽しみ方、教えます

新茶が出回る季節となりました! 今年の新茶、あなたはもう飲みましたか? 今回は、おいしい「新茶」をさらに楽しめる情報をお届けします。“飲む”以外の楽しみ方も伝授します!

 

【キャンペーン】【咲いた*取り寄せ vol.3】干し柿のミルフィーユに工場直送のポテチ⁈今週のみんなのお取り寄せ

真夏のような日差しが出たかと思ったら、4月上旬並みの気温になったり、なかなか気候がおちつかない5月ですが、みなさま風邪などひいていませんか? 免疫力をあげたいなら、やっぱりストレス解消も必要ですね。そんな時はぜひ、みんなのおすすめ<お取り寄せ>を! 今週も素敵なお取り寄せをご紹介します。

 

【特集】【生ドライフルーツ】で、生なの?ドライなの?世間を当惑させている、あの『生ドライフルーツ』を食べてみた

近ごろよく名前を耳にして、気になっている食べ物がありませんか? ドライなのに“生”!? 生なの? ドライなの? どっち?――と、考えれば考えるほど知りたくなってくる、あれです。そう、<綾farm>の『生ドライフルーツ』! 考えたところで、わからない。眺めてみても……まだわからない。これはもう、実際に口にするしかない!――というわけで、今回は『生ドライフルーツ』を食べてみました。

 

【特集】【飾り巻き寿司】お弁当や特別な日に作りたい「飾り巻き寿司」を作ってみた

運動会のお弁当やおうちでの誕生日パーティなど特別なときは、いつもよりちょっと豪華なものを!と思いますよね。そんなときにおすすめしたいのが、「飾り巻き寿司」。今その魅力にハマる人が続出中です。一体どんな巻き寿司なのかをご紹介します。  pict by @megumiseki.hanawa

 

【熟成岩手産短角牛×肉バル】<肉バルサンダー>六本木店オープン

大型連休が終わり、憂うつモードから抜けきれないあなた! 週末はお肉を食べてスタミナをつけませんか? 岩手原産の「短角牛」や「白金豚」が食べられる<肉バルサンダー>が、六本木にオープンしました。

  • トップページ
  • 【八芳園×福寿園】一夜限りのお茶とお料理のマリアージュを愉しむ『八芳園の八十八夜』開催

さぁ、お店をはじめよう

グルメに関心の高いユーザーが集まるプラットフォームで、
食品やキッチン用品の通信販売が行えます。